石とであう展

先週末は、ダンスの先生の平塚の友人の革作家の
【藤咲和也さん】の個展【石とであう展】へ鎌倉に行って来ました。

いつもは、革作家さんなので革でバッグや財布などを
制作しているのですが、今回はコロナでいろいろな
ことに変化が起きて自分が心から作りたいと
今思っているものを作ろうと言うことで
石を使ったオブジェを制作したそうです。

様々な形や質感の石と革のコラボレーション。
展示前にすでにSNSで作品が出来上がるたびに発信
していたのですが、写真で見てもっと大きいと
思っていたのに実際は、とても小ぶりだったり
大きさのイメージが全然違っていて面白かったです。

自分の作りたいものを余計なことを考えず
作ることこそアート。

色々チャレンジしている姿に刺激を受けました。

願いが通じた。。。!?

マンションの1階に住んでいるのでベランダからの
素敵な眺望〜を未だ夢見ております。

ところが数年前、突如としてマンションと通り沿いにある
一軒家との間に名前も知らない木が伸びてきて
あれよあれよと言う間に大きく育ちさわさわと風に涼しげに揺れ
マンションのオレンジ色のタイルの壁にブルーがかった
影を落とし今までコンクリートの塀だけだった景色に
心安らぐ美しいグリーンと青空の景色を与えれて
くれていました。

しばらくしてうちのベランダの直ぐ目の前に小さな
三角形のむき出しの地面がありまして
時々管理人さんが雑草を抜きにきてくれるのですが
そこにその名前も知らぬ木の芽がいくつか出ていたのを発見しました。

その木は、とても爽やかで嬉しいのですが
目の前の地面は、前の家との境でどうしようもなく
余った土地で50cm×1mくらいの大きさしかなく
そこにあの成長の早い木が2〜3本伸びてしまうと
すごいことになりそうな気がしたので
管理人さんにそのことを伝えておきました。
またいつか雑草を採りにくるのだから
黙っていればよかったのですが、、、

ある日、塀の向こうの一軒家の柿の木の
枝などを職人さんが来てカットしているのが
窓から見えていました。
毎年たくさんの柿がなって『いいな〜』と
眺めている柿の木です。

夕方になって外を見たときに気がつきました。

ない、、、ない、、、木がない!

そうなのです、名前も知らない憩いの木も
柿の枝とともに伐採されてしまっていたのです!

どうやら、管理人さんが一軒家のかたに木のことを言って
カットしてもらってしまったようなのです。

私は、三角形のところの雑草と一緒に生えて来ている
ところの木の話だけをしたのに、、、伝え方が上手くなかったのか。。。

もう木にも申し訳なく、目の前に憩いのグリーンが
無くなってしまった消失感ったらありませんでした。
もうそのことは考えないようにしよう。。。と
最初から無かったことのように考えるしかありませんでした。

でも三角の土地に芽を出していたように
きっと少ししたらどこかからまた顔を
出して来てくれるに違いないと思って希望を
捨てずにいました。

そしたらです、先日発見しました。
お隣のべランダとの間にあるコンクリートで
埋まった四角いスペースのベランダの壁との間から2本。
コンクリートと壁とのその狭い隙間でどうやって成長して行くのか
ちょっと心配ですが、きっとぐんぐん伸びて
管理人さんの通る廊下からは見えない場所で
爽やかなグリーンの葉をさわさわと風に揺らして
安らぎを与えてくれるに違いありません。

ちなみに、、、数年前のある日突如北側の
階段の下の地面に現れた紫色の綺麗な紫陽花。

マンションの共有の土地にあるので
勝手に切ってはいけないので管理人さんに
もし見頃のシーズンも終わりカットすることがあったら
何本か下さい、と伝えておいたのですが
先日、外出から帰ると、廊下の塀の上に紫陽花の
こんもりとした頭の部分だけがズラーッと
並んでおりまして、紫陽花の木は葉っぱだけに
なっていました。

管理人さんが『花どうぞ。』と言ってくれたので
心の中で『え!?』とどう言うことが起きのか
よくわからないまま枝のない紫色の部分だけを
受け取って家に入り??? 
どうして頭だけ全部切ったのだろうか???
紫陽花ってシーズンが終わるとそうするものなのか???
去年は、どうしていただろう???
(調べていないのですが、紫陽花は最後にそうやって
頭の部分をカットするのでしょうかね?)

丸裸になった紫陽花の木がかわいそうに
見えて仕方ありませんが、また考えないように心を
無にして洗面所に飾った紫陽花の頭の部分を
眺めながら日々を過ごしております。

普段からあまり言葉で説明しなくても通じるひととばかり
接していると、言葉で伝えるのがもともと下手なのに
さらに下手になって行くようで少し意識して話さなければ
と思う今日この頃。
ひとに伝えるのって本当に難しいな、、、と痛感しております。

時々…

今日は、少し晴れ間がさしている関東地方です。

時々無性に食べたくなるものってありますよね。

うなぎだったり、焼き鳥だったり
おはぎだったり。。。笑
なんか、てんでバラバラですね。

アフタヌーンティーのフルーツティーも時々飲みたくなります。
一年中ほぼ、温かい紅茶しかオーダーするものが
ない私としては、なんか別なものが飲みたい。。。
と時々なるのですが、そんな時に注文♪
ほっとするひと時です。

あと、食べたくなるのがやはりパンケーキ。
やはり、と書いたのはきっとみなさんもそうだろうと
勝手に決め込んででおります。笑
あのふわっとした家では作れそうにない
パンケーキが特に食べたくなります。

でもそんな風に思って思い出してもらえるものを
作っているって幸せですよね。

簡単☆タッセルの作り方

ダンスの先生の影響でアフリカが身近になり昨年は
とうとうルワンダへ行ってしまいました。
あの頃には、コロナで世界中が今のような状態に
なるとは本当に夢にも思いませんでした。
またみんなが自由に色々な国へ旅行へ
行けるようになるといいですね。

ルワンダでもアフリカ布の市場へ行って
選んできた布で洋服をオーダーしたり
したのですが、色鮮やかで柄も楽しいアフリカ布の
魅力がだんだんわかってきました。

私も何か作ってみようとネットではぎれを注文したのですが
届いたら、小さな端切れが多く作ろうと思って
いたものにはサイズがちょっと足りなくてしまってありました。

でもふっとこの布を細く切ってタッセルを作ったら
可愛いのではないか〜♡と思いまして
作ってみたら、イメージ通り!イメージ以上に可愛くて
作るのも簡単で楽しい、楽しい。
たくさん作ってしまって最近では、お土産に
会う人に無理無理プレゼントしています。笑

これなら、別にお家にあるどんな余り布でも作れるし
干物部分もなんかあるものでできるので
せっかくなら作り方の動画も作ってみようと
やり始めたらこれも楽しくてあっという間に
出来上がりました。

今回は、JAZZの音楽でちょっとおしゃれです〜

良かったら動画をご覧いただき
お家にある布で作ってみてください♪
とても簡単なのでお子さんでもできます!
夏休み一緒に作ってみるのも良いかも知れません♡

日曜日

未だにはっきり被害の全容が
つかめないほどの大きな集中豪雨被害。

被害が大きく被害に遭われた皆様には
心よりお見舞い申し上げます。

まだ雨の心配もあるようです。
これ以上被害が大きくならないことを
本当に祈るばかりです。

私は、コロナでの外出自粛生活から
4ヶ月ぶりにダンスのレッスンへ
行ったのですが、翌朝目覚めるときに
ちょっと足は、つったものの意外と大丈夫
と思っていましたが、三日くらい経って
本日の日曜日、、、なんだか疲れております。

天候もはっきりせず、蒸し暑いし
だるるる。。。。となるのも仕様がありません。
みなさまも、お身体ご自愛してお過ごしください。