スカートにうきうき


私が、HIPHOPダンスを習っている先生が、11月にアフリカへ1ヶ月間滞在していました。

アフリカの子供達と日本の子供達をインターネット中継で繋いでダンスで交流するためです。

私が習っているスクールの子供達もザンビアの子供達と交流中継をしまして、その時は、動画撮影のお手伝いしました。

アフリカ滞在中に先生が購入した色鮮やかで柄も楽しいアフリカ布をレッスンの際にお土産にもらいました。

前からポーチ作りに凝っていた友人が以前から作ってくれると言ってくれていたので早速頼んだら、この生地を裾に使ってスカートを作ったらどう?と嬉しい提案をしてくれて素敵なスカートが出来上がりました!

スカートが出来上がる前から以前に作ったお気に入りのカラフルなちょっとアフリカっぽいネックレスをスカートに合わせようと決めて楽しみにしていたのですが、出来あがって合わせてみたら本当にぴったりでした!

最近は、黒、紺、グレーのシンプルなと言えば聞こえは良いですが、無難な服装ばかりでしたが、久しぶりにスカートとネックレスがピタッと合ったコーディネートをして出掛けたらなんか背筋も伸びてうきうきしてきました。

やっぱりサボっちゃいけないな〜♪おしゃれしなくちゃと思ったりしました!^ ^

国立劇場に


先日、麹町にある国立劇場へ日舞の発表会(発表会と言うのでしょうか…)を観に行きました。せっかくなので《紅映/いろは》を持って行って記念にぱちりとして来ました。

もう少しお正月らしい背景で撮りたかったのですが、なかなかサイズ感や高さが合わなくて難しかったですが、少し伝わるでしょうか。

美容シリーズ

またまた美容&健康系のお話ですが、キダチアロエの原液が良いと聞きましてさっそくドラッグストアで買い求めました。900円ちょっとです。

苦いとはいえ大丈夫だろうと原液を一気に飲んだら、まぁ苦いこと( ;∀;)

翌日から白湯で薄めてすぐ手に取れるように横にはいただきもののチョコレートをスタンバイさせて、一気に飲み干しています。  ぐっとひと息で飲み、すぐにチョコレートを放り込むとすっかり苦みは消えています。。。

この方法が良いのか定かではありませんが、そうでもしないと口の中に永遠に苦味が残ってしまいそうなくらい苦いのです。

でもキダチアロエ、、、なんか良い気がします。

バレエ展

先日、横浜そごう美術館の《バレエ展》へ行って来ました。

画家のシャガールがデザインしたバレエのプログラムやジャン.コクトーやダリが描いたバレエの絵もあって新鮮でした。
中でもとても興味深かったのは、画家の藤田嗣治がデザインした《白鳥の湖》の舞台美術についての展示でした。
その当時は、実際にはそのデザインでは、実現しなかったそうですが、そのデザインの舞台美術による《白鳥の湖》公演が今年行われたそうです。その模型や写真が展示してありました。
日本にバレエを普及した人物としても知られるロシア出身のバレリーナのエリアナ.パプロワさんの展示もとてもスペースを使っていました。
エリアナさんの妹さんのナデジタさんは、鎌倉の七里ヶ浜の海沿いの高台にお稽古場を持っていらして、バレエを習っていた姉は、ナデジタさんのお稽古場に何度も通っていてレッスンに行くとジャムの入った甘いロシアンティーを入れてくれた思い出があるそうです。
展示は、25日まで。