青い影

ヨーロッパのどこかの街を描いた白壁に細い道や階段、鉢植えの花が飾ってある風景画で印象に残っているのが青い影。

こどもの頃に絵を描いていてもなんの考えもなく黒かグレーで塗っていた影ですが、この前ぼんやり建物の壁に映る木の葉の影を見ていたら、

『あ、影って青いんだ。』と今頃になって気がつきました。

日差しの強さやり影が映るものの色にもよるかもしれませんが、青い影にしばらく見とれてしまいました。

夏の終わりに

ちょっとの油断で風邪をひきました。。。

みなさま大丈夫でしょうか。

立秋を過ぎてからからっとした爽やかなお天気が続いていましたが、そんな最中に朝起きたら喉が痛くなって、それを一度はうまく食い止められたな、、、と思ったのにだめでした〜

昨日は、マスクして咳しながらのレッスンになってしまい申し訳無かったです。 

でもマスクしている私を見て生徒さんに『先生、珍しいわよね。』と言われ、そう言えば長い間レッスンしていますが、風邪とか体調が悪くてレッスンをお休みした事記憶はほぼ無い、というか無い、、、ような気がしてちょっと嬉しくなりました。

今日は、ちょっとゆっくりしてます。

今週末の新作の準備はもうできていますので、どうぞお楽しみにしていてください♪(o^^o)

必須アイテム

これとってもよい香りです♪

虫除けスプレー。

ほんと、哀しいかな蚊にはとても好かれます。

夏の夕方に洗濯物いれたり、外出先くら戻って玄関前でバッグから鍵を出そうとゴソゴソしていたらあっという間に腕を蚊に刺されてしまいます。 刺されなくても一緒について家に入ってきてしまうのが困りものです。

この虫除けスプレー。持ち歩いていないので、主に洗濯物入れるときに半袖から出ている腕と網戸にシュシュッとまいておくのですが、よい香りでもって蚊にもいまのところ刺されず侵入も防げています。

絵を買いました

先月の中頃に平塚のギャラリークーカというパンケーキの美味しいカフェもある小さなギャラリーで、オリバーくん10歳の個展がありました。
平塚で習っているダンス仲間の画家のいずみさんの息子さんです。  

バイオリン奏者のかたやジャスシンガーとパーカッショ二ストのかたの奏でる音楽にのせて『森』や『海』をイメージしながら描くライブペインティングもおこなわれました。
オリバーくんは、音楽が始まるとなんの躊躇もなく白いキャンバスにブルーの絵の具で大胆に描きだし、そこにいずみさんも加わり、赤い絵の具、黄色の絵の具が重ねられどんどん変化していきます。

最後に参加者もそれぞれが『森』や『海』にいる生き物をイメージした絵を絵ハガキサイズの紙に描いていたのですが、それを切り取って絵に貼り付けて完成となりました。


オリバーくんは、自分で紙や額にかかった代金、ギャラリーを借りる為の費用も考えて自分の絵に自分で値段をつけたり、当日はバリスタのかたが来店していちにちオリバーカフェの店長としてライブペインティングもあるのに(しかもこの日は、熱があったらしいです。)皆さんに飲み物の注文をとったりと、自分の感覚や頭やからだを使ってとても素敵な経験をしていました。
ギャラリー全体が子どもだからとかじゃなくて素敵なものは、素直に素敵と思える空気の空間になっていてほんと楽しかったです。 


私は、『アフリカの壺』という色が鮮やかで美しい絵を買いました。なんとも言えない色使いでとてもお気に入りです。