バレエ展

先日、横浜そごう美術館の《バレエ展》へ行って来ました。

画家のシャガールがデザインしたバレエのプログラムやジャン.コクトーやダリが描いたバレエの絵もあって新鮮でした。
中でもとても興味深かったのは、画家の藤田嗣治がデザインした《白鳥の湖》の舞台美術についての展示でした。
その当時は、実際にはそのデザインでは、実現しなかったそうですが、そのデザインの舞台美術による《白鳥の湖》公演が今年行われたそうです。その模型や写真が展示してありました。
日本にバレエを普及した人物としても知られるロシア出身のバレリーナのエリアナ.パプロワさんの展示もとてもスペースを使っていました。
エリアナさんの妹さんのナデジタさんは、鎌倉の七里ヶ浜の海沿いの高台にお稽古場を持っていらして、バレエを習っていた姉は、ナデジタさんのお稽古場に何度も通っていてレッスンに行くとジャムの入った甘いロシアンティーを入れてくれた思い出があるそうです。
展示は、25日まで。

投稿者: tutu*

ビーズキットのオンラインショップ【tutu*】を運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です